• ホーム
  • ちふれの美白は有効成分の形で攻められる

ちふれの美白は有効成分の形で攻められる

2019年12月14日

美白の効果を効果的に引き出すには、どのような形を選択するかも重要です。
とくに数ある美白化粧品のなかでも成分を重視する形は、効果を十分に期待することができます。
ちふれの化粧品は有効な成分のダブルパワーで美白にとことんこだわった形が分かります。
ちふれの美白成分の化粧水には主な有効成分として安定型ビタミンC誘導体とアルブチンが配合されています。
美白にビタミンCが効果的であることは知られていますが、実は酸化しやすく光や熱の影響を受けてしまいやすい成分でもあります。
このため、ただビタミンCというだけで美白を期待することは難しく、安定させた状態のビタミンCであることが効果を発揮する鍵を握っていることになるのです。
ちふれは安定型ビタミンC誘導体なのでデリケートなビタミンCの恩恵を十分に得られるように工夫しています。
アルブチンは天然の植物の葉に含まれる成分で、これもまた安定性にすぐれた形で配合しています。
このダブルの有効成分がシミ、ソバカスなどの原因ともされるメラニンの生成を抑制し、美白を可能にしてくれます。
それに加え美白化粧品というと乾燥を伴うイメージもちふれの化粧品が払しょくしてくれます。
トレハロースとヒアルロン酸の成分がお肌の水分をきちっととらえ潤い、乾燥から守ってくれます。
さらには敏感な肌質でも安心して使うことができるように、ちふれの化粧水はノンアルコールタイプです。
無香料、無着色、ノンアルコールとマイルドな使用感でありながら敏感な肌でもしっかりとケアできる処方になっているのです。
また継続して使用する場合にも詰め替え用タイプを利用することができ、環境にもやさしくお財布にもやさしいのが魅力です。